薬剤師の労働時間

薬剤師の労働時間についての基礎知識をご紹介!


薬剤師の労働時間

薬剤師の勤務時間、要するに労働時間ですが、薬剤師は、他の職業からみると、時間から時間へキッチリ仕事をしているイメージが強いですが、実際の薬剤師の勤務時間とは、どのようになっているのか? もちろん、薬剤師が勤務する場所により、その時間は大いに異なる事となりますが、中には、薬剤師の労働時間を少し変わったシステムを採用している事もあるそうです。

そうした薬剤師が勤める事となる勤務先とは、一体どのような場所かというと、化粧品もしくは、製薬会社等は、裁量労働制を取り入れている事が多く、その裁量労働制というものは勤務時間であるとか、休日は、薬剤師自身が選ぶ事ができるというもの。 もちろん、製薬企業及び化粧品会社すべてが、このシステムを採用しているわけではありませんが、実際このシステムを採用している会社が存在します。

このシステムは、こうして聞くと、非常に働く側としては嬉しいシステムと言えそうですが、実際、このシステムを導入されることにより、上手く利用することにより、中には在宅勤務を行う方も実際存在しますが、実は、薬剤師として働く上で、仕事における成果が上がらない場合は、即刻、収入へ響く事となります。 要するに、自分で休日、勤務時間を決められる代わりに、成果が上がらない場合は、給料が下がる、ボーナスも下がる事となりますから、上手く仕事をきちんと回さなくては、残業の手当ても支給されない結果に至る事となるのです。

結果として、このシステムを導入するにあたり、メリットもあるが、結局、デメリットも存在するということになりますから、単に喜ばしいシステムとは、言ってはいられないシステムで、その勤務先における薬剤師は、そうしたシステムだからこそ、その中で成果を上げるための競争率は、当然、高いものとも言えるのです。

薬剤師の勤務時間とは、異なる話となりますが、薬剤師という仕事自体、転職を考える傾向にある職業と言え、転職を考える薬剤師さんが非常に多いと言われております。 その中でも実は、女性薬剤師の転職が、非常に多いのです。

女性は、どちらかといえば、結婚や出産を機に、多くがいったん職を離れる傾向にあり、尚且つそうして、職を離れた時期があったとしても、他職業とは異なり職に困る事もないと考えられます。 もちろんブランクがある薬剤師のためには、再就職におけるシステム等も充実していますから、薬剤師の資格を持つという事は、将来的にも活躍する場が広い職業だと言えるものなのです。