薬剤師の失業

薬剤師の失業についての基礎知識をご紹介!


薬剤師の失業

薬剤師の現状として、今のところ、よく囁かれていたような『飽和状態』『失業時代が来る』という状況には至っていない、と言いたいところですが、薬剤師における就職に関しての問題は、重要と供給のバランスがとれてこそ、状態もよいということになりますが、バランスがとれていない地域も存在し、尚且つ不足ではなく、過剰な地域も存在する事から、本来、その見解は、およそ数年後に起こり得ると言われておりますが、実際は、すでに到来していると言えるのです。

もちろん全国的に見た場合、全国すべてが『過剰』というわけでなく、場合によっては『不足』の場所も存在し、全体的に見て、まだそのときではない、という事なのですが、実際は、まさにその状況に陥る薬剤師もいるということなのです。 また、6年制出身の薬剤師も残りわずかで誕生する事を考えると、その状況に至る地域では、転職市場でも前々からささやかれる、『中途採用枠の縮小』の問題なのです。 こうなると当然、転職を考える方々としても、その転職が、おおむね難しくなる事が予測されますので、それらの事を考えると、まさに薬剤師による飽和状態が到来している。 更には、失業時代も到来しているという事がいえるのです。

今までは、中途採用枠も薬剤師不足の点から、増加していましたが、今後、新卒者が続々誕生することにより、大手調剤薬局並びにドラッグストア企業各社も新卒者の大量採用を計画しているという事もありますので、益々、転職者にとっては、厳しい時代が到来となるわけです。 こうなると、当然、失業者が続々誕生してしまう事が考えられ、尚且つ飽和状態がまさに起きる事となりますから、薬剤師としても困った状態になるという事なのです。

ここまでは、ある意味、事実と言える事も紹介しているわけですが、実際、医薬分業が進むにつれ、薬局というのが続々増えており、実は、薬剤師人口より、薬局の方がまだまだ多いという事が言えるので、仮に新卒者が出たとしても、それで過剰になる事はあり得ないという部分も事実なのです。 つまり、薬剤師における、この就職や転職問題は、薬剤師人口が過剰な地域では、今後も就職に関する競争率は高くなりますが、その薬剤師がバランスよく流れることにより、その問題も解決すると考えられるのです。

急増する、急増すると言われている新卒者も実際は、それをすべての企業、調剤薬局が確保することは非常に困難な状況でありますから、実際、薬剤師の失業時代というものは、地域によるもの、特に薬剤師人口が密集している地域に関する問題であるという事は言えるでしょう。

[リンク]石油会社の転職をはじめる