薬剤師における勤務実態

薬剤師における勤務実態についての基礎知識をご紹介!


薬剤師における勤務実態

薬剤師の就職先といえば、やはり1位にあげられるのが、薬局です。 また他にもドラッグストア、製薬企業、公務員、卸売一般販売業等という職業も存在し、薬剤師が働く場所により、その場所における薬剤師の勤務実態は、異なります。

薬剤師と聞けば、イメージとして、休日もしっかり存在し、尚且つ時間から時間できちんと勤務時間を終えられるというイメージがありますが、やはりその勤務する場所により、その内容は、大きく異なるものとなりえます。

薬局勤務の薬剤師は、勤務実態として、その薬局の形にもよりますが、個人の薬局店ならば、休日はきちんととれる、また時間から時間に決まって働ける傾向にありますが、病院と共存している、もしくはその病院が夜間も行う病院なら、当然共存となる薬局自体も夜間勤務は当然ですし、早朝から出勤しなければならないという事も、当然ありますから、病院看護師同様な過酷な労働であるとはいえます。

更に製薬企業に勤める薬剤師は、殆どが、研究職に就くか、という事を考えれば、それはまさに間違えで、研究職に携われる薬剤師というものは、ごくわずかであると言われているため、自分の望む勤務形態でないと悔やんでいる薬剤師も又存在しますが、製薬会社に勤務する事により、色々な職種が考えられる事から、目的を持ち、製薬会社へ勤められる事は、お勧めです。

ただし、製薬会社に存在する薬剤師の労働も場合によっては、残業などを強いられるケースも少なくないと言いますし、休日もあってないような場合もあるという事から、その勤務する企業によっては、悠々自適な生活というのには、ほど遠い生活実態であるとはいえます。 つまり、イメージとして、薬剤師の勤務実態は、悠々自適なようなイメージが非常強く、収入も高額と考えておられる方も多いですが、実際はそれとはかけ離れた現実の中で過ごす薬剤師さんも非常に多いという事なのです。

労働と収入面が見合わない、という薬剤師さん自体も存在しますから、薬剤師の勤務実態は、実は、思うほど楽な仕事でなく、尚且つ収入面においても、さほど高額とは感じていない薬剤師が多いという事なのです。 しかしながら、薬剤師の役割とは、非常に大きいもので、尚且つ重要な存在、重要な役目を担う存在である事から、薬剤師として働く事には、大きなやりがいを持ち仕事をしている薬剤師さんも非常に多いのです。

薬剤師における勤務実態とは、他の方が思うように楽な仕事ではなく、ミスをすれば大事に至る事から、その任務は非常に重大かつ大きな責任を担う役目である事から、やはり看護師、医師同様に、大変な職業、勤務内容だということなのです。

治験コーディネーターを募集しているところ